風俗を愛してやまない男たちの、本音リアルガチ体験談ブログです。全国の風俗大好き紳士に次ぐ、本音も語っております。

三度の飯より、やっぱり風俗っしょ☆

雑記

人肌が恋しくて、ムラムラしたので初風俗(ソープ)デビューしてきました

更新日:

こんにちは。僕は29歳の男性です。職業としては現在、自営 業(フリーランス)をしております。

そんな僕は家が職場となり、1日中パソコンに向かって仕事をしております。こうなってくるとやはり通勤もないし、出会いも無くなってくるのです。そこで人肌が恋しくなり、ムラムラしたので風俗に行く事にしました。

恥ずかしながら、今まで風俗へ遊びに行った経験がございません。怖いような…楽しみのような…そんな感覚です。薄給なので贅沢はできませんが、どうせ経験するなら!と、ソープランドへ向かったのです。

29歳独身!はじめての風俗へいくこと決意…

僕は恥ずかしながら「そのようなお店」には行ったことがありませんでした。しかしながら、人肌恋しくてムラムラして仕方なかったのです。

因みに予算としては5万円ほど持っていきました。そんなこんなでとあるソープランドのお店に入店しました。

スタッフ(ボーイさん)が、「いらっしゃいませ!^^誰かご指名はおりますか?」というので、僕は好みの子を指名しました。

ガチガチに緊張していたのを見抜かれたのか、10歳くらい違うであろう子に「うふふ^^お客さん可愛い!」と言われてしまいました。(笑)

僕は「実は初めてなんだ。こういうお店」というと、彼女は「そうなんだ。カッコいいから無縁なんだね。でもムラムラしちゃった感じ?(笑)」なんて楽しい会話をしながら、僕の服を脱がせてくれました。

女の子が「緊張しないで!^^大丈夫!」と言ってくれました。

僕も段々と緊張がほぐれてきたのか、大事なイチモツが勃起をしておりました。そして、2人でお風呂場へ行きました。

きちんと丁寧にイチモツを洗ってくれて、僕の身体全体を泡で包んでくれて、首筋から胸から舐めてくれました。このサービスはとても気持ちよくて、王様にでもなったような気分でした。

その後は、お待ちかねのフェラチオをしてくれたのです。とてもまったりと舐めてくれて、2分くらいでイキそうになりましたが、何とか耐えました。(笑)

その子は「私のフェラチオでイかないなんて・・・凄い!」と言われました。しかしながら、5分くらいで限界を迎えてしまい、「あっ!イク!」というと、彼女の口の中に出してしまいました。

口に出したものを処理をしたあとに、二人でゆっくりお風呂に入り、色々と世間話やらバカ話をしました。

暖かくなったところで、お風呂から上がりました。2人でドリンクを飲みました。(ジンジャエールでした。)

いよいよ次はベッドでのサービスです。

僕の身体やら顔、イチモツをリップサービスで気持ちよくしてくれました。彼女の「気持ちいい?」や「どう?」「どうイキそう?」なんて聞いてくれるのも、勃起を誘うのです。(笑)

もうイチモツがギンギンになったところで、フェラチオをしてくれました。彼女は「お客さん。溜まるの早いんだね(笑)」と言われてしまいました。

玉から竿を丁寧に丁寧にサービスをしてくれて、イチモツがトロトロの状態となりました。

最後にはフェラチオと手コキの嵐により、射精をしてしまいました。精子の飛ぶ距離も凄かったですし、射精量も凄かったです。

その後、僕はお店を後にしました。お会計は38,000円でした。

はじめての風俗にいってみた感想

最後になりますが、まとめますと、3~5万円の予算があればかなり楽しめますし、性欲も解消されるのは最高ですよね。

サービスの内容もお風呂に入ってのイチャイチャとフェラチオ、泡つかっての身体洗い、そして、最後にはベッドでのリップサービスと、嵐のようなフェラチオと手コキ攻撃です。

ここまでされたらどんな強者でも、射精してしまうことは間違いないと思います。

僕が受けたサービスは本当に神がかり的なものであり、イチモツがトロトロになってしまった時に、彼女がフェラチオに力を入れてくれて、とても気持ちよくなりました。

気持ちよく大量に出すことができたのです。

みなさんも人肌が恋しくなったり、ムラムラしたら5万円を持ってソープランドにでも行ってみてくださいね。

きっと最高に楽しめて、最高に気持ちいい思い出を作ることができますよ。

-雑記

Copyright© 三度の飯より、やっぱり風俗っしょ☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.